幸せに生きるための心理学

このサイトでは、皆さんが生活で役立つ、知りたい情報を提供していきます。

ポジティブ思考の落とし穴

「ポジティブにならなくちゃ」「前向きに考えよう」と無理にポジティブになろうとしていませんか。

 

実はそれが最終的に自分を追い込むことになるということが最近の心理学で分かってきました。

 

私たちは物事をどのようにとらえ、生活していくことが最も望ましいのでしょうか。

 

f:id:shibaken48:20190307161647j:plain

無理にポジティブになる→うつになる確率が上昇

 

何事もネガティブに考えてしまうという方は結構いますよね。

 

そんな人が無理にポジティブに考えようとすると、自分のネガティブさや不幸さが際立って感じ、うつになる可能性が高くなるということが分かっています。

 

 

ポジティブ思考がプラスに働く場合

 

これだけを聞くとポジティブ思考が悪いものだと思えてくるかもしれませんがそうではありません。

 

あくまでも”無理に”ポジティブになろうとすることがいけないのです。

 

極まれに本当にほとんどのことを素で前向きにポジティブに考えることができる「根っからのポジティブ思考」の人がいます。

 

そういった人は無理にポジティブ思考になろうとせずに自然なポジティブ思考なので、いわゆる不安の少ない理想の考え方といえるでしょう。

 

このように”無理のない無意識”のポジティブ思考は生活から無駄な不安を取り除いてくれます。

 

 

 

ネガティブ思考も武器になる!?

 

ここで皆さんに知ってほしいのは、必ずしもポジティブ思考=良 ネガティブ思考=悪

ではないということです。

 

確かに、先ほども挙げた、根っから何事もポジティブに考えることができる人はうらやましいです。

 

しかし、ネガティブ思考にもプラスの面があり、大切なのはその思考をうまく利用することなのです。

 

思考は感情からできます。ネガティブ思考は怒りや悲しみ、不安などの感情から生まれます。

 

感情は無理に抑え込もうとするとき最も本人に牙をむきます。無理に感情を抑え込もうとするのではなく、抱いた感情を認めてあげて、利用しましょう。

 

 

具体的な感情の特徴

 

それでは感情は具体的にどのように利用すればいいのでしょうか。

 

ここでは怒りと落ち込みの2つの感情について紹介していきます。

 

怒り

 

怒りはよく「ミスを増やす」や「判断能力を鈍らせる」といわれますよね。

 

しかし、実は、これらは心理学の面からみるとちゃんとした根拠はありません。

 

むしろ怒りという感情は集中力・想像力を向上させることが分かっています。

 

怒りを感じたときには、無理に抑え込もうとせずにあなたの何か頑張っている別のことに向けてみればより良い成果が出るかもしれません。

 

 

落ち込み

 

誰でも落ち込むことはあります。そんなときに自分を無理に奮い立たせ、空元気を出すことは、あなたをかえって苦しめることになります。

 

落ち込んでいる時は分析能力や観察能力が上がります。

 

 

 

あとがき

 

このようにポジティブにもネガティブにも裏表があり、大切なのは自分が感じた、考えたことを否定、無理に変えようとせず、それぞれのいいところを利用することが大切です。

 

自然に感じたポジティブはそのままで、ネガティブな考え感情は消すのではなく、何か自分のやりたい別の方向に向けて利用する。そうすることでありのままの自分と向き合うことができ、幸福度も上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

運がいい人の特徴 運がよくなる方法とは

あなたの周りにどう考えても運がいい人っていますか?

 

私の周りには何人かいます。

 

実は、そういった人たちには共通の特徴があったのです!

 

今回は、運のいい人の特徴について紹介していきたいと思います。

 

f:id:shibaken48:20190301221901j:plain

運がいいは思い込み!?

 

「自分は運がいい」と思っている人は、周りの人たちから客観的に観ても運がいいと思われていることが多いということが分かっています。

 

それでは、自分が運がいいと思っている人、悪いと思っている人の違いは何なのでしょうか。

 

ここで、自分は運がいいと思っている人と自分は運が悪いと思っている人の特徴を見てみましょう。

 

 

自分は運がいいと思っている人

・問題に直面した時に問題を対処しようとする

・新しいものを受け入れる

・好奇心が高い

・外向性が高い

 

自分は運が悪いと思っている人

・問題に直面した時に問題から逃げようとする

・古いことにしがみつく

・感情の浮き沈みが激しい

・外向性が低い

 

 

「自分は運が悪い」→交通事故の確率上がる!?

 

自分は運が悪いと思っている人はものごとをネガティブにとらえがちな傾向にあります。

 

また、ネガティブに物事を考えることが多いと、交通事故にあう確率が高いということが分かっています。

 

これは、運転中にネガティブなことに目が向き、全体が見えないからだと言われています。

 

例えば、「横こすらないかなあ」と運転していて、歩行者に気づかないといった感じです。

 

このように運は自分が運がいいか悪いかという思い込みで決まるということが分かっています。

 

それでは自分は運がいいと思うためにはどうすればいいのでしょうか。

 

 

 

自分は運がいいと思う方法

 

結局、運がいいか悪いかは大半が性格で決まります。

 

しかし、性格を変えることはそう簡単なことではありません。

 

ここでは自分は運がいいと思い込むための方法を2つ紹介します。

 

運動する

 

運動すると人はメンタルが向上することが分かっています。

 

メンタルが向上するとネガティブなことに目が向かなくなります。

 

そうすると、運も次第に良くなってくるのです。

 

 

ラッキーアイテムを持つ

 

2つ目はラッキーアイテムを持つということです。

 

何人かのプロゴルファーにラッキーボールだと伝えて打たせた場合と何も伝えずに打たせた場合の成績を比較したという実験がります。

 

結果はラッキーボールだと伝えられたボールを使ったときの方が成績がいいというものでした。

 

つまりラッキーアイテムを持つことで「自分はいま運がいい」と思い込むことで成績が良くなったのです。

 

 

まとめ

 

運をよくするためには「自分は運がいい」と思い込むことがカギのようです。

 

元々の性格で運がいい人はいます。しかし、工夫をすることで少しでも自分の運がいいと思えるようにしていきましょう。

 

そうすれば誰でも運をよくすることができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は完璧じゃないからこそ感謝できる

私を大切に育ててくれた両親や兄弟、関わってきてくれた友達。

人はなぜ感謝するのだろうと考えたとき、それは相手が「完璧」ではないからだと思う。

 

自分の支えになっている人、支えてくれた人を思い浮かべてみる。

次にその人たちが自分にしてくれたこと、力になってくれたことを思い浮かべる。

 

特に家族が一番、分かりやすい。

 

家族一人ひとりにもそれぞれやりたいこと、過去に捨てた夢はある。

私を憎たらしいと思ったことも、もう嫌だと思ったこともあるかもしれない。

それらの気持ちを捨て、抑え込んで私を育ててくれた。

 

だからこそ、私は感謝するのだと思う。

感謝してもしきれないほどの感謝を。

 

 

友達だってそうだ。自分が間違ったことをしたときには、けんかになるかもしれない、言い合いになるかもしれないにも関わらず、めんどくさがらずに向き合ってくれる、注意してくれる。

心の中では、「めんどくさい」、「またこいつ変なこと言っている、している」と思っているかもしれない。

にも関わらず、私を正してくれるし、支えてくれる。

 

だから、私は感謝するのだと思う。

 

そんな返しても返しきれないほどの恩恵を時にはあだで返すような私を大切にしてくれる。

 

その見返りのない恩恵に少しでも答えることができるように、日々、私は感謝の気持ちを忘れずに少しでもみんなの支えになり、恩返しをしていきたい。

ストレスは悪じゃない 幸福度を上げてくれるストレスとの付き合い方

ストレス社会の真っただ中、皆さんはストレスとどのように付き合っていますか。

ストレスは本人が気づいていない間に少しづつたまっています。

 

しかし、ストレスは人体に悪いことばかりではないことが最近の研究で分かってきました。

今回はそんなストレスとどのように付き合っていけばより幸せな生活が送ることができるのか紹介していきます。

 

f:id:shibaken48:20190214122159j:plain

ストレスは悪ではない?

ストレスと聞くといいイメージはありませんね。

しかし、最近の研究で、ストレスは人に良い影響も与えていることが分かってきています。

警官が犯人ではなく人質を誤って売ってしまったなんてことはよく耳にしますよね。

実は不安でドキドキしている警官ほど間違って人質を売ってしまう確率が低くなることが分かっています。

また、不思議なことに人は全くストレスがない状況下では生きていけません。

幸福度はストレスや不安を日常的に感じている国ほど高い傾向にあるということも分かっています。

ある程度のストレスは人生を豊かにするうえで必要だということが分かります。

 

 

「ストレス避けよう」→うつになる

 

それでは、もし、皆さんが避けれるだけのストレスを避けたとしましょう。
結論を言いますと、うつになる可能性が高くなります


人はある程度のストレスを感じていないと幸福感を感じることができなくなります。


つまり、ストレスを避けようとすれば、それだけ、人生の意味も見つけることができなくなるのです。

 

 

取るべきストレスを選ぶ

 

ストレスには2種類あり、どちらもストレスには違いはなく、蓄積され、溜まると身体に悪影響を及ぼします。

しかし、人生を幸せに感じるためには最低限のストレスは必要です。

ならば、自己嫌悪・自己否定に陥る悪いストレスよりも、自分の成長に必要な最低限のストレスを取った方がいいでしょう。

上司に怒られるような場合はなかなか避けようがないかもしれませんが、できるだけそのようなときにも自己嫌悪・自己否定に陥らないようにしましょう。

そして、自分の成長に必要ないと思ったストレスはなるべく取らないようにしましょう。

 

2種類のストレスについても書いてあります↓↓↓↓

 

shiba-ken.site

 

 

 

物事を習慣化・継続するための方法・秘訣とは 途絶えてしまったときの対処法まで

 「継続は力なり」「続かない奴は何をやってもダメ」ということは耳にたこができるほどよく聞きます。

しかし、実際に一つのことを続けることは、人間そう簡単ではありません。

何か新しいことを始めても、三日坊主だったり、すぐにやめてしまったりします。

今回は習慣化するにはどうすればいいのかについて紹介していきたいと思います。

 

f:id:shibaken48:20190212150801j:plain

習慣化・継続させるための方法・秘訣

 

自分に負けてなかなか習慣化・継続できないのが人間です。

もし、自分が習慣化したい、継続したいと思ったことを習慣化・継続できたら人生バラ色ですよね。

そんな継続・習慣化するための方法・秘訣を紹介していきます。

 

 

目標をはじめから重くしない

 

人は、目標をはじめけら重くしてしまうと、目標と現状の自分とを比較してしまい、意志力が低下する可能性があります。

 

なので、はじめはできるだけ、目標を細かく小さくして始めることで、意志力が継続し、より習慣化しやすくなります

 

 

気持ちに左右されない習慣

 

習慣には、実行習慣と誘因習慣の2種類があります。

 

実行習慣

 

実行習慣とは「やろう!」という気持ち意思から行う習慣のことです。

実行習慣は気持ちに左右されることが多く、皆さんも経験ある、「今日はいいや」の気持ちに左右されます。

 

誘因習慣

 

実行習慣に比べ、気持ちに左右されないのがこの誘因習慣です。

誘因習慣は風呂から上がったら歯を磨くなど、無意識に行う習慣のことです。

誘因習慣を身に着ける方法としては、生活の流れで無意識に取り組む環境(きっかけ)を作るということが挙げられます。

気持ちに左右されないように自動的に実行できる誘因習慣を身に着けるとより、習慣化・継続をすることができるでしょう。

 

 

 

習慣・継続が途絶えたとき

 

これについてはメインサイトで紹介しています!ぜひよろしければ子そちらもどうぞ!↓↓↓↓

shiba-ken.site

 

 

返信が遅いを気にしなくなる方法・LINEのおすすめ設定

SNSが普及した現代、すぐに他者とつながることが可能となりました。

 

その反面、返信が遅かったり、来なかったりすると気になって仕方がないという方も多いのではないでしょうか。

 

そんなことを気にしていると自分の生活が送れませんし、相手の生活も邪魔しかねません。

 

今回は返信が遅くても気にならなくなるようなLINEの設定や方法について紹介していきたいと思います。

 

 

 

返信が遅いを気にしなくなるLINEの設定方法

 

SNSの代表でもあるLINE。

既読機能もあり、「相手が自分のメッセージを見てくれたか」とか「まだ返信が来ないな」とか気にしてしまうことはありませんか?

気にしたところで相手の返信が早まったり、既読がついたりすることないのに…。

そんな相手の返信を気にしなくていいようになるLINEのおすすめ設定方法を紹介していきます。


メッセージの通知をオフにすると、相手からの返信をずっと待つということは少なくなります

「でも、メッセージオフにしたら大切な連絡にも気づかないじゃん」とお思いの方もいるでしょう。

 

しかし、実は、LINEは電話とメッセージの通知の設定は分けて行うことができます

つまり、メッセージは来ても通知は来ないが、電話が来た際にはちゃんと通知が来るように設定ができるということです。

LINEの返信を気にしている無駄な時間がどっと減りますので。ぜひ試してみてください。

 

 

SNSを見る時間帯を決める

 

LINEの通知設定だけでは、結局、何度もLINEを開いてしまったりなど、本末転倒になる場合があります。

そんなときにLINEの通知設定と合わせて使ってほしいのが、SNSを見る時間帯を決めておくということです。

企業のトップの人たちのSNSを1日で見る回数は平均で約3回だといわれています。

おすすめするのは、朝起きたときと昼食を食べ終えたとき、そして、寝る前

この3つの時間帯にするのがベストと思います。

しかし、1日に20回30回もSNSを見ていた人がいきなり3回に減らすことは難しいと思うので、10回、5回、3回と徐々に減らしていくのが良いと思います。

 

更に詳しく見たい方は本サイトもぜひご覧ください!↓↓↓↓

 

shiba-ken.site

 

嫉妬をなくす・対処するのは間違い!?嫉妬を利用する方法・考え方

誰もが一度は経験のある”嫉妬”という感情。

 

”嫉妬”と聞けば、あまり良いイメージは浮かびませんよね(;'∀')

 

しかし、最近の研究で”嫉妬”は、向き合い方を変えるだけで前に進む力に変えることができるということが分かってきています。

f:id:shibaken48:20190211232551j:plain

 

あのマイナスのイメージしかない”嫉妬”ですが、皆さんに人生を助けてくれるような「人生の味方」にすることができるのです!

 

嫉妬ってどんな感情?

 

自分が誰かに嫉妬をしている場面を想像または、思い出してください。

「うらやましい」という感情に近いですよね。

つまり、嫉妬とは、相手が自分が欲しい持っていないものを持っている時に起こる感情です。

嫉妬を感じている時は胸が張り裂けそうになるくらい苦しい時もあります。

それでは、私たちはこのマイナスの感情である、嫉妬とどう向き合っていけば良いのでしょうか。

 

 

嫉妬をなくそう・対処するのは間違い

 

人というものは、自分が心から欲しいと思うものを相手が持っていると、嫉妬してしまいます。

嫉妬をなくすには、この欲しいものを嫌いになるか、この世から消すことしか方法がありません。

よく、嫉妬するのは精神が子供だからということを聞きますが、決してそうではなく、
どんな大物も嫉妬という感情を心のどこかで抱いています。

何度も言いますが、嫉妬は感情の1つであり、無くそう・対処しようと考えること自体が間違っています。

 

 

嫉妬を味方につける考え方

そうはいっても嫉妬を感じるのは苦しいですよね。

実は、嫉妬は見方によっては人生において大きな力となってくれます。

 

嫉妬=自分が本当の欲しいもの・したいこと

 

 

自分の嫉妬を受け入れて力に変える

 

本サイトではこの二つの方法・考え方についても述べていきます。

http://shiba-ken.site/ninngennkannkei-sitto/